メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

徳島北、川島が勝利 きょう決勝 /徳島

【城東-徳島北】7回裏徳島北2死一、二塁、松原が左中間三塁打を放ち勝ち越し=鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

[PR]

 第72回県高校野球秋季大会(県高野連主催)は13日、オロナミンC球場(鳴門市)で準決勝2試合があった。徳島北と川島が勝利し、来春のセンバツ出場校を選ぶ参考資料となる秋季四国地区高校野球大会への出場を決めた。決勝は14日午後0時半開始。決勝に先立ち、3位決定戦が午前9時半から、いずれもオロナミンC球場で行われる。3位決定戦は城東と小松島西が対戦し、勝者は四国大会への出場権を得る。【岩本桜】

 ▽準決勝

城東

  001000000=1

  01000030×=4

徳島北

 徳島北が後半で均衡を破り勝利した。七回に松原の三塁打で勝ち越すと、続く柏木の二塁打で計3点を奪い試合を決めた。河野は11奪三振で完投。城東は三回、西田の二塁打で同点としたが、その後は散発に終わった。

【川島-小松島西】九回表川島1死一、二塁、藤田の二塁打で三木希(右)に続き、一塁から佐藤が生還=鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

川島

  000042104=11

  010302003=9

小松島西

 川島が4点差をひっくり返して勝利。4点を追う五回、長短打を絡めた打者9人の猛攻で同点とすると、その後は中川や藤田の二塁打などで突き放した。小松島西は九回、村田の二塁打などで2点差に迫り意地を見せた。

小松島西の木本侑志投手(2年)=鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

気持ちで好投 打も光る 小松島西 木本侑志投手(2年)

 川島に七回表、1点を勝ち越され、なお1死一、三塁のピンチ。小松島西の中川雅史監督から「思い切っていけ」と送り出され、木本侑志投手(2年)が再びマウンドに立った。「やるしかない」と気持ちを奮い立たせ、変化球を中心に緩急を使い分けて後続を2者連続三振に抑え、八回も2三振を奪うなど3者凡退と好投。九回には長打を許すも「最低限の点差で抑える」と粘り強く投げた。

 大会中、苦しんできた肘の痛みもあり、この日は「徐々に思い切り投げられなくなった」と振り返る。先発したが、球のキレが落ち、五回途中で降板した。しかし、「沈んだ気分を持ち込まず、プレーでチームを盛り上げようと切り替えた」。その言葉通り、この日は打撃が光り、先制の適時三塁打のほか、降板後の六回にも右前適時打を放った。

 14日の3位決定戦では、勝者が四国大会への出場権を得る。「あす城東を倒して、四国大会へ行く」と勝利を誓った。【岩本桜】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです