メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森山田、仙台商にサヨナラ勝ち 秋季高校野球東北大会

高校野球秋季東北大会2回戦【仙台商-青森山田】九回裏青森山田2死三塁、4番・八戸康治が右中間へサヨナラ打を放つ=盛岡市の岩手県営野球場で2019年10月14日、石井朗生撮影

[PR]

高校野球秋季東北大会 ▽2回戦 ○青森山田(青森)1―0仙台商(宮城)●=14日・岩手県営

 高校野球の秋季東北大会は14日、岩手県営野球場などで2回戦6試合を行い、青森山田は仙台商(宮城)に1―0でサヨナラ勝ちした。15日の準々決勝では鶴岡東(山形)と対戦する。

 互いに得点を許さない緊迫した試合。決着をつけたのは、青森山田の4番・八戸康治(2年)だった。九回2死三塁で右中間を破るサヨナラの適時打。「厳しい試合を、自分が決めてやろうと思っていた」。満足そうな笑顔を見せた。

高校野球の秋季東北大会2回戦【仙台商-青森山田】青森山田に敗れたものの4安打1失点と好投した仙台商の先発・斎賢矢=盛岡市の岩手県営野球場で2019年10月14日、石井朗生撮影

 青森山田はエース右腕の高橋主樹(2年)が毎回のように得点圏に走者を背負いながら、冷静な投球を続けて無失点に封じた。しかし打線も、低めに球を集めてくる仙台商の1年生右腕・斎賢矢を捉えられず、八回まで2安打と苦しんだ。

 それだけに、九回の好機で球を見極め、しっかり振った八戸の集中力が光った。今夏に4番を担っていた平野時矢がけがのためベンチ入りできず、代わって任された主軸の座。代役ではなく、そのまま4番の座を勝ち取ろうという意欲も、決勝打に表れた。

 青森山田はベンチ入りの20人中、12人が青森山田中の出身。八戸が「長く一緒にやってきたから、声や表情で互いの調子や考えていることもわかる」という連帯感が強みだ。初戦の緊張があったこの日も、声を掛け合って我慢の戦いをしのぎ突破。勢いづく勝利となった。【石井朗生】

青森山田・兜森崇朗監督

 (9安打されながら完封した)高橋は得点を許しそうなところで冷静に力を発揮してくれた。野手もしっかり守り、東北大会初戦でこういう試合ができたのは選手の頑張りの表れ。(4安打1得点の)打線は今が一番下の状態だと思う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです