メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盛岡大付、大久保14奪三振 青森山田サヨナラ勝ち 高校野球東北大会

高校野球秋季東北大会2回戦【仙台商-青森山田】九回裏青森山田2死三塁、4番・八戸康治が右中間へサヨナラ打を放つ=盛岡市の岩手県営野球場で2019年10月14日、石井朗生撮影

[PR]

 高校野球の秋季東北大会第2日は14日、盛岡市の岩手県営野球場などで2回戦の残り6試合を行った。

 盛岡大付(岩手)の大久保は14三振を奪う力投で弘前東(青森)を3―0で完封。青森山田は九回に八戸が決勝打を放ち仙台商(宮城)に1―0でサヨナラ勝ちした。磐城(福島)はエースの沖が投打に活躍し能代松陽(秋田)を2―1で降した。

高校野球秋季東北大会2回戦【鶴岡東-福島成蹊】六回表鶴岡東2死二、三塁、太田陽都が右中間へ2点適時二塁打を放つ=盛岡市の岩手県営野球場で2019年10月14日、石井朗生撮影

 仙台城南(宮城)は花巻東(岩手)を延長十一回の末に3―2で破った。東奥義塾(青森)は原田が逆転2ランを放ち学法福島に3―2で競り勝った。鶴岡東(山形)は福島成蹊に10―0で六回コールド勝ちした。

 15日の準々決勝は、岩手県営野球場で東奥義塾―盛岡大付、仙台育英(宮城)―一関学院(岩手)、花巻球場で青森山田―鶴岡東、仙台城南―磐城の各2試合が行われる。

 青森山田・兜森崇朗監督 (9安打されながら完封した)高橋は得点を許しそうなところで冷静に力を発揮してくれた。野手もしっかり守り、東北大会初戦でこういう試合ができたのは選手の頑張りの表れ。(4安打1得点の)打線は今が一番下の状態だと思う。

 東奥義塾・工藤秀樹監督 辻垣投手にボール球を振らされて苦しい試合だった。(八回の原田には)ゲッツーを気にせず、外野の間を抜くような強いライナーを打てと言った。ライナー性の本塁打をよく打ってくれた。さすが4番。

 鶴岡東・佐藤俊監督 選手がしっかり集中し、落ち着いて試合に入ってくれた。(1安打無失点の)太田は県大会ではあまり投げていないが、状態が良かったので使った。リズム良く、予想以上によく投げてくれた。

 磐城・木村保監督 守りからリズムを作り、攻撃でワンチャンスを生かせた。六回の守りのダブルプレーで流れがつかめた。相手の大高投手の球を打ち上げてしまっていたので、打球を転がして全力疾走するよう指示したことが終盤の攻撃に出せた。

 盛岡大付・関口清治監督 点が取れず、悪い流れを大久保が断ち切ってくれた。ボールが先行しても四球を出さずに粘って三振を取れた。

 仙台城南・角晃司監督 阿部(伶)は宮城大会後に肘を下げてコントロールが良くなった。(花巻東に勝利して初出場初勝利)四十数年野球をやってきた中で一番うれしい試合であり、不思議な試合。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです