メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盛岡大付・大久保 「リベンジ」で14奪三振完封 高校野球東北大会

高校野球秋季東北大会【弘前東-盛岡大付】2安打14奪三振で完封した盛岡大付の大久保瞬=岩手県花巻市の花巻球場で2019年10月14日、安田光高撮影

[PR]

高校野球秋季東北大会 ▽2回戦 ○盛岡大付3―0弘前東●=14日・花巻

 高校野球秋季東北大会第2日の14日、2回戦があり、盛岡大付(岩手)は弘前東(青森)に零封勝ちした。盛岡大付は15日の準々決勝で東奥義塾(青森)と対戦する。

 盛岡大付の右横手・大久保瞬は、マウンドにいる時間と同じぐらいブルペンにいた。

 攻撃中に2死からベンチ前でキャッチボールをするのはよくあるが、大久保は打席が回らない限り、1死までにはブルペンで投球練習を始める。「指のかかり具合や体の開きを修正するため」。入念な準備が14奪三振2安打完封の快投につながった。

 一回を3者凡退と上々のスタートを切ると、二回は6番・山谷治生(2年)から外角のスライダーで空振り三振を奪うなど3者連続三振。右打者8人が並ぶ弘前東打線に、自然にシュート回転する130キロ台前半の直球を内角に要所で使ったことで外角へのスライダーがより効果的になり、三振を量産した。

 「(ブルペンと合わせると)試合での球数の倍ぐらい投げているんじゃないか」と関口清治監督。疲労が心配されるが、「今はそれほど疲れなくなった」と大久保。始めたきっかけは、昨秋の東北大会だ。

 1回戦で大量リードの八回2死から登板したが、2連打を浴びて1失点。打者を打ち取ることができずに交代した。「立ち上がりの悪さをなくしたい」と大会後から試合中のブルペンでの投球練習を始めた。今秋に1年ぶりにベンチ入りして戻ってきた東北大会の舞台。成長した姿を見せた背番号「10」は「リベンジしたい思いがあったのでうれしい」と声を弾ませた。【安田光高】

盛岡大付・関口清治監督

 点が取れず、悪い流れを大久保が断ち切ってくれた。ボールが先行しても四球を出さずに粘って三振を取れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです