メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 あすドラフト 球速163キロ、源は地元愛 目玉の大船渡高・佐々木投手

全国高校野球選手権岩手大会で160キロを出した大船渡の佐々木投手=岩手県営野球場で2019年7月、和田大典撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が17日に迫った。目玉の一人が、最速163キロを誇る岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)だ。甲子園には出場できなかったが、複数球団からの1位指名が予想される。「令和の怪物」とも呼ばれる身長190センチ右腕の素顔に迫った。【山田豊】

 佐々木投手は、岩手県沿岸の陸前高田市に住んでいた小学3年の時に、東日本大震災に遭った。三つ上の兄と自分に幼い頃からキャッチボールを教えてくれた、父の功太さんを失った。佐々木投手も残された家族と、陸前高田市から隣の大船渡市に移り住んだ。

 少年野球のコーチだった功太さんは、野球を始めて間もない佐々木投手に可能性を感じ、母の陽子さんに「朗…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです