メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 盛岡大付、準決勝へ 花巻東と一関学院は敗退 /岩手

浸水被害に遭った民家で「御用聞き」に歩く岩手県釜石市社会福祉協議会災害ボランティアセンターのスタッフら=同市千鳥町で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は14、15の両日、盛岡市の県営野球場など2球場で2回戦と準々決勝の計10試合が行われた。

 県勢は、昨年準優勝の盛岡大付が東奥義塾(青森)に完封勝ちして準決勝進出を決めた。第2代表の花巻東は2回戦で仙台城南(宮城)に、第3代表の一関学院は準々決勝で仙台育英(宮城)に、それぞれ敗れた。

 17日は県営野球場で、盛岡大付―仙台育英(宮城)、鶴岡東(山形)―仙台城南(宮城)の準決勝2試合が予定されている。【日向米華】

犠牲者に黙とう

 ○…会場の2球場では14日、第1試合前に選手や観客が台風19号の犠牲者に黙とうをささげた。また、東北地区高校野球連盟は被災地支援を目的とした募金箱をチケット売り場に設置した。この日の2回戦に登場した磐城(福島県いわき市)の校舎周辺も冠水したという。磐城は同日の2回戦を接戦の末に制した。1失点で完投し、勝利に貢献した先発の沖政宗投手(2年)は「今できることは思いきり野球をすること。勝つことが一番福島の方々に元気を与えられる」と話した。

東奥義塾及ばず

 <県営野球場>

 ▽準々決勝

東奥義塾

  000000000=0

  00000030×=3

盛岡大付

 (東)山内、斉藤―原田

 (盛)石井―塚本

▽三塁打 阿部(盛)

▽二塁打 松本(盛)

 盛岡大付が終盤に均衡を破り、投手戦を制した。七回、代打の阿部と四日市の適時打で3点を先制。投げては先発石井が被安打4、10奪三振で完封した。東奥義塾は先発山内が好投を見せたが、救援が踏ん張りきれなかった。打線は得点圏には走者を進めるものの、あと一本が出なかった。

一関学院、6失点

 ▽同

仙台育英

  000010500=6

  000000001=1

一関学院

 (仙)笹倉、向坂、菅原、伊藤、向坂―木村

 (一)佐藤弘、小綿、菅原―佐々木春、浦島

▽二塁打 笹倉(仙)

 仙台育英が終盤に突き放した。五回1死満塁で吉野が四球を選び押し出しで先制。七回には適時打に四死球や敵失を絡めて打者一巡し、5点を追加した。投げては継投で最少失点に抑えた。一関学院は六回まで1失点に抑えたが、踏ん張りきれなかった。打線は九回に1死満塁の好機を作ったが、反撃は1点にとどまった。

 ○…14日の試合…○

弘前東完封負け

 <花巻球場>

 ▽2回戦

弘前東

  000000000=0

  00000021×=3

盛岡大付

 (弘)成田紘、山口直、岩渕―崎野

 (盛)大久保―塚本

▽二塁打 崎野(弘)板橋2(盛)

 盛岡大付が終盤に勝負を決めた。盛岡大付は七回、四日市、松本が連続で適時打を放って2点を挙げ、均衡を破った。八回、大久保の犠飛で1点を追加し、勝負を決めた。投げては大久保が九回を14奪三振、無失点で完投し、相手にリードを渡さなかった。弘前東は投手3人の継投で3失点に抑えるも、打線がつながらなかった。

花巻東、逆転許す

 ▽同

仙台城南

  00000020001=3

  10010000000=2

花巻東

 (延長十一回)

 (仙)阿部伶―石川

 (花)田村、松本、小野寺―菅

▽本塁打 大和田(花)

▽二塁打 高橋陸(仙)大和田(花)

 仙台城南が延長十一回に及ぶ接戦を制した。2点を追う七回、長短打3本で同点に追い付くと、十一回には2死満塁から代打の高橋大が適時内野安打を放ち、勝ち越した。先発・阿部は要所を締めて完投した。花巻東は先制し、先発の田村が六回途中まで無失点に抑えたが、救援が粘りきれなかった。

 ○…その他の試合…○

 <県営野球場>

 ▽2回戦

青森山田  1―0 仙台商

鶴岡東  10―0 福島成蹊

 (六回コールド)

磐城    2―1 能代松陽

 <花巻球場>

 ▽2回戦

東奥義塾  3―2 学法福島

 ▽準々決勝

鶴岡東  10―5 青森山田

仙台城南  6―3 磐城


 ■球詩

頼れるエースになる 花巻東(2年)小野寺輝投手

花巻東・小野寺輝投手(2年)

 同点の延長十一回表、2死満塁。「絶対に抑えてやる」。自らを鼓舞するようにマウンドで何度も叫び声を上げた。だが、三振を狙ったスライダーが甘く入る。三遊間に転がる内野安打で、勝ち越し点を奪われた。裏の攻撃も及ばず、初戦で姿を消した。

 大会が始まる数日前、主砲の水谷公省選手が足のけがで離脱した。夏の甲子園でも4番を任されたチームの主力に頼れない状況になった。「いつも助けられていた。今度は俺たちが公省を全国に連れて行く」と誓った。

 試合中、肩を作っていると、スタンドから松葉づえ姿で応援する水谷選手に声を掛けられた。「大丈夫。おまえなら絶対に抑えられる」。勇気をもらったが、応えられなかった。

 試合後、ひとしきり泣いた後、決意した。「ピンチで抑えるのがエースだ」。どんな場面でも頼れるエースになりたい。【山田豊】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです