メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 鶴岡東が4強 2試合連続2ケタ得点 /山形

【鶴岡東-青森山田】六回表鶴岡東2死二、三塁、左越え3ランを放ち、生還する野川=花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は15日、盛岡市の岩手県営野球場と花巻市の花巻球場で準々決勝4試合を行い、県第1代表の鶴岡東が5年ぶりの準決勝進出を決めた。青森山田(青森第1)を終盤に逆転した。16日は休養日。17日の準決勝で仙台城南(宮城第3)と午後0時半から県営野球場で対戦する。もう1カードは盛岡大付(岩手第1)―仙台育英(宮城第1)。

     鶴岡東は14日の2回戦で福島成蹊(福島第2)に10―0で六回コールド勝ちした。【日高七海、平家勇大】

    投打で圧倒

     <岩手県営野球場>

     ▽2回戦

    鶴岡東

      200107=10

      000000=0

    福島成蹊(福島)

     (六回コールド)

     (鶴)太田―北原

     (福)松本、八巻―西脇

    ▽二塁打 太田、北原(鶴)

     鶴岡東が投打に圧倒した。一回は鈴木の犠飛と小林三の適時打で2点を先取。六回は5四死球と2暴投、太田、北原の連続適時二塁打などで7点を加えた。先発・太田は四回の内野安打の1人しか走者を許さず。福島成蹊は2投手で計10四死球、3失策とリズムに乗れなかった。

    終盤に逆転

     <花巻球場>

     ▽準々決勝

    鶴岡東

      001003600=10

      310010000=5

    青森山田(青森)

     (鶴)渡辺、小林三―北原

     (青)高橋、藤森、山村、小牟田―新井山

    ▽本塁打 野川(鶴)小牟田(青)

    ▽二塁打 野川、馬場、太田(鶴)八戸、哘崎(青)

     鶴岡東が終盤に逆転勝ち。4点を追う六回に野川の3ランで1点差とし、七回は敵失や吉田、馬場の連続適時打などで6点を奪った。六回から救援の小林三は4回無失点の好投。青森山田は一回に小牟田が3ランを放ったが、投手陣がリードを守れなかった。


     ■球詩

    チーム勢いづける3ラン 鶴岡東(2年)野川大輔外野手

     4点を追う六回2死二、三塁、甘く入った直球を引っ張り左翼席に運んだ。公式戦初という本塁打は1点差に迫る3ラン。勢いに乗ったチームは次の七回に一挙6点を奪った。「チームの流れを作れて良かった」と白い歯を見せ、佐藤俊監督も「大きな3ランだった」とうなずいた。

     大阪・堺市出身。中学生の時、先輩が進んだ鶴岡東のプレーを甲子園で観戦し、「チーム全員が同じ事を徹底している」と憧れ、進学を決意した。

     新チームからベンチ入りし、県大会から「2番・中堅」。「長打を狙わず、単打でクリーンアップにつなぐことが役割」と考え、15打数10安打と打ちまくった県大会に続き、東北大会も初戦の2回戦は4打数3安打、この日も4打数2安打と快音が続く。5年ぶりの4強に、「チーム全員で1点ずつしっかり取っていきたい」と語った。【日高七海】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

    2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

    4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

    5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです