メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 県勢全て姿消す 磐城、追い上げ及ばず敗退 /福島

【磐城-仙台城南】七回表磐城2死二塁、小川の適時二塁打で生還した岩間=岩手県花巻市の花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は14、15の両日、盛岡市の岩手県営野球場など2球場で2回戦と準々決勝の計10試合が行われた。

 県勢は、2回戦で能代松陽(秋田)を降した磐城が準々決勝で仙台城南(宮城)と対戦し、終盤に追い上げるも3―6で敗退。2回戦で学法福島が東奥義塾(青森)に、福島成蹊が鶴岡東(山形)にそれぞれ敗れており、磐城の敗退で県勢は全て姿を消した。【日向米華】

好機に1本出ず

 <花巻球場>

 ▽準々決勝

磐城

  000000102=3

  01000140×=6

仙台城南

 (磐)沖、佐藤、國府田―岩間

 (仙)阿部伶―石川

▽本塁打 立山(仙)

▽二塁打 小川(磐)石川(仙)

 仙台城南が終盤に突き放した。二回は石川の適時二塁打で先制。七回には立山の左越え2ランや阿部伶の単打に相手の失策が絡むなどして、4点を追加した。投げては先発・阿部伶が完投。磐城は九回に首藤の適時打などで2点を返すも、好機で1本が出なかった。

 ◆14日の結果

七回、沖が逆転打

 <岩手県営野球場>

 ▽2回戦

磐城

  000000200=2

  100000000=1

能代松陽

 (磐)沖―岩間

 (能)大高―岸

▽二塁打 沖(磐)

 磐城が逆転勝ちした。1点を追う七回、沖が左中間に2点適時二塁打を放ち、逆転に成功。投げては先発・沖が6奪三振2四球で完投した。能代松陽は一回、山田の中前適時打で先制するも、二回以降は打線が沈黙し、守備陣も踏ん張れなかった。

得点圏に進めず

 ▽同

鶴岡東  200107=10

福島成蹊 000000=0

 (六回コールド)

 (鶴)太田―北原

 (福)松本、八巻―西脇

▽二塁打 太田、北原(鶴)

 鶴岡東が福島成蹊を投打で圧倒しコールド勝ち。鶴岡東は一回、鈴木の左犠飛と小林三の右前適時打で先制すると、六回には太田、北原の連続適時二塁打などで一挙7得点。投げては太田が走者を一人しか出さず、被安打1のまま完封した。福島成蹊は四回、宍戸大が内野安打で出塁したが、得点圏に進めなかった。

後半、打線が沈黙

 <花巻球場>

 ▽2回戦

東奥義塾

  010000020=3

  101000000=2

学法福島

 (東)佐藤蓮、五十嵐、坪田、斉藤―原田

 (学)辻垣―梅田

▽本塁打 原田(東)

 東奥義塾は1点を追う二回、相馬の適時打で同点に。三回に再びリードを奪われたが、八回に原田の左中間への2点本塁打で逆転。そのまま逃げ切った。学法福島は一回、西山の適時打で先制するなどしたが後半、打線が沈黙した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです