メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 県勢全て姿消す 磐城、追い上げ及ばず敗退 /福島

【磐城-仙台城南】七回表磐城2死二塁、小川の適時二塁打で生還した岩間=岩手県花巻市の花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は14、15の両日、盛岡市の岩手県営野球場など2球場で2回戦と準々決勝の計10試合が行われた。

     県勢は、2回戦で能代松陽(秋田)を降した磐城が準々決勝で仙台城南(宮城)と対戦し、終盤に追い上げるも3―6で敗退。2回戦で学法福島が東奥義塾(青森)に、福島成蹊が鶴岡東(山形)にそれぞれ敗れており、磐城の敗退で県勢は全て姿を消した。【日向米華】

    好機に1本出ず

     <花巻球場>

     ▽準々決勝

    磐城

      000000102=3

      01000140×=6

    仙台城南

     (磐)沖、佐藤、國府田―岩間

     (仙)阿部伶―石川

    ▽本塁打 立山(仙)

    ▽二塁打 小川(磐)石川(仙)

     仙台城南が終盤に突き放した。二回は石川の適時二塁打で先制。七回には立山の左越え2ランや阿部伶の単打に相手の失策が絡むなどして、4点を追加した。投げては先発・阿部伶が完投。磐城は九回に首藤の適時打などで2点を返すも、好機で1本が出なかった。

     ◆14日の結果

    七回、沖が逆転打

     <岩手県営野球場>

     ▽2回戦

    磐城

      000000200=2

      100000000=1

    能代松陽

     (磐)沖―岩間

     (能)大高―岸

    ▽二塁打 沖(磐)

     磐城が逆転勝ちした。1点を追う七回、沖が左中間に2点適時二塁打を放ち、逆転に成功。投げては先発・沖が6奪三振2四球で完投した。能代松陽は一回、山田の中前適時打で先制するも、二回以降は打線が沈黙し、守備陣も踏ん張れなかった。

    得点圏に進めず

     ▽同

    鶴岡東  200107=10

    福島成蹊 000000=0

     (六回コールド)

     (鶴)太田―北原

     (福)松本、八巻―西脇

    ▽二塁打 太田、北原(鶴)

     鶴岡東が福島成蹊を投打で圧倒しコールド勝ち。鶴岡東は一回、鈴木の左犠飛と小林三の右前適時打で先制すると、六回には太田、北原の連続適時二塁打などで一挙7得点。投げては太田が走者を一人しか出さず、被安打1のまま完封した。福島成蹊は四回、宍戸大が内野安打で出塁したが、得点圏に進めなかった。

    後半、打線が沈黙

     <花巻球場>

     ▽2回戦

    東奥義塾

      010000020=3

      101000000=2

    学法福島

     (東)佐藤蓮、五十嵐、坪田、斉藤―原田

     (学)辻垣―梅田

    ▽本塁打 原田(東)

     東奥義塾は1点を追う二回、相馬の適時打で同点に。三回に再びリードを奪われたが、八回に原田の左中間への2点本塁打で逆転。そのまま逃げ切った。学法福島は一回、西山の適時打で先制するなどしたが後半、打線が沈黙した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

    2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

    4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

    5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです