メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 日本航空石川、2年ぶり4強 星稜は3年連続 /石川

【日本航空石川ー敦賀気比】八回表日本航空石川1死満塁、嘉手苅の右犠飛で三走・石井が生還、勝ち越す=金沢市の県立野球場で、井手千夏撮影

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は14、15日、金沢市の県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝4試合があった。星稜(石川1位)▽日本航空石川(石川2位)▽北越(新潟1位)▽佐久長聖(長野2位)――の4校が準決勝へと駒を進めた。秋の北信越地区大会で4強入りするのは星稜が3年連続、日本航空石川は2年ぶり。

     14日に予定されていた4試合のうち、両球場の第2試合は雨が強くなったために15日に順延された。19日は県立野球場で準決勝を行う。

     大会の成績は来春のセンバツ出場校(北信越地区からは2校)を選定する重要な参考資料となる。【井手千夏、露木陽介】

     ▽準々決勝

     ○…14日…○

     【県立野球場】

    敦賀

      0000101=2

      202024×=10

    星稜

     (七回コールド)

     (敦)三野、久米―細川

     (星)寺西―内山

    ▽本塁打 細川(敦)

    ▽三塁打 久米(敦)

     星稜は一回1死一、三塁、内山の適時打で先制。六回には4安打に2四球をからめて4得点を挙げて、試合を決めた。先発の寺西は14奪三振で完投。敦賀は五回に1点、七回にもソロ本塁打を放つが及ばなかった。

     【金沢市民野球場】

    金沢商

      000000000=0

      00100000×=1

    佐久長聖

     (金)米沢―室木

     (佐)梅野―横田

    ▽二塁打 堀江(金)花村2(佐)

     息詰まる投手戦を佐久長聖が制した。三回1死二塁から花村が適時二塁打を放ち先制。先発の梅野は三塁を踏ませない投球で、1点を守り切った。金沢商は先発の米沢が粘投するも打線が散発4安打とつながらなかった。

     ○…15日…○

     【県立野球場】

    日本航空石川

      001101040=7

      000110100=3

    敦賀気比

     (日)田中―中谷

     (敦)笠島―御簗

    ▽本塁打 毛利(日)

    ▽三塁打 城田(日)長浜(敦)

    ▽二塁打 中井(敦)

     日本航空石川は三回、中谷の犠打で先制。同点の八回には1死満塁から嘉手苅の犠飛で勝ち越し。毛利に3ランが飛び出し、試合を決めた。敦賀気比は前川の2犠飛などで追いすがったが、打線がつながらず力尽きた。

    初本塁打で貢献

     ○…日本航空石川の勝利を決定づけたのは毛利水樹選手(2年)が八回に放った、自身として公式戦初の本塁打だった。2死一、三塁で入った打席の初球、狙っていた直球が真ん中低めに来たところを強振し、打球は右翼ポール近くに飛び込んだ。一塁へ走りながら大きくガッツポーズ。ベンチで迎えた中村隆監督の「ナイスバッティング」の一言に相好を崩した。相手の敦賀気比は今春の北信越地区大会1回戦で対戦し、0―1で敗北。「先輩たちの分までやっつける」と気合は十分で迎えた試合で大きな仕事を果たした。


     ■熱球

    14奪三振の快刀乱麻 星稜・寺西成騎投手(2年)

    星稜・寺西成騎投手(2年)=金沢市の県営野球場で、高良駿輔撮影

     得意とする直球にカットボールを織り交ぜる投球術がさえた。七回を投げて、打者27人に対して14奪三振、特に二回1死からは7者連続奪三振と快刀乱麻の投球。本人は「14個もですか」と驚いた様子を見せたが、「制球を意識して非常によかった」と林和成監督をうならせた。

     甲子園準優勝を果たしたチームから主戦だった奥川恭伸さん(3年)らが引退した今、新チームの投手陣には新たな注目が集まる。「今大会は2人が軸になる」。エースナンバーを背負った同級生、荻原吟哉投手(2年)と自らの役割を自覚しながら、チームをもり立てる。

     夏の甲子園には苦い思い出が残る。2回戦の立命館宇治(京都)戦、5点リードで迎えた六回から継投したが、連続適時打を浴びて2失点。奥川さんの救援をあおいだ。「あのときの悔しさは忘れていない」。この試合で先発・荻原投手は7、8割の力ながら制球を保ち、五回を無失点。ライバルの姿を糧とし、制球力の重要性を心に刻んだ。

     目標は北信越大会優勝、ではなく憧れる先輩があと一歩で果たせなかった神宮大会優勝。目指す高みはまだ先にある。【井手千夏】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

    3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

    4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

    5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです