メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

北信越地区高校野球大会 敦賀気比、反撃及ばず 敦賀も敗れる /福井

【日本航空石川ー敦賀気比】五回裏敦賀気比無死三塁、前川の中犠飛で三走・長浜が生還=金沢市の石川県立野球場で、井手千夏撮影

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は14、15日、金沢市の石川県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝4試合があった。星稜(石川1位)▽日本航空石川(石川2位)▽北越(新潟1位)▽佐久長聖(長野2位)――の4校が準決勝へと駒を進めた。

 14日に予定されていた4試合のうち、両球場の第2試合は雨が強くなったために15日に順延された。19日は県立野球場で準決勝を行う。

 大会の成績は来春のセンバツ出場校(北信越地区からは2校)を選定する重要な参考資料となる。【井手千夏、露木陽介、髙良駿輔】

 ▽準々決勝

 ○…14日…○

 【石川県立野球場】

敦賀 0000101=2

星稜 202024×=10

 (七回コールド)

 (敦)三野、久米―細川

 (星)寺西―内山

▽本塁打 細川(敦)

▽三塁打 久米(敦)

 星稜は一回1死一、三塁、内山の適時打で先制。六回には4安打に2四球をからめて4得点を挙げて、試合を決めた。先発の寺西は14奪三振で完投。敦賀は五回に1点、七回にもソロ本塁打を放つが及ばなかった。

 ○…15日…○

 【石川県立野球場】

日本航空石川

  001101040=7

  000110100=3

敦賀気比

 (日)田中―中谷

 (敦)笠島―御簗

▽本塁打 毛利(日)

▽三塁打 城田(日)長浜(敦)

▽二塁打 中井(敦)

 日本航空石川は三回、中谷の犠打で先制。同点の八回には1死満塁から嘉手苅の犠飛で勝ち越し。毛利に3ランが飛び出し、試合を決めた。敦賀気比は前川の2犠飛などで追いすがったが、打線がつながらず力尽きた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです