メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 佐久長聖が4強 /長野

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は14、15日、金沢市の石川県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝4試合があった。星稜(石川1位)、日本航空石川(石川2位)、北越(新潟1位)、佐久長聖(長野2位)が準決勝に駒を進めた。佐久長聖の秋のこの大会の4強入りは4年ぶり。

     14日に予定されていた4試合のうち、両球場の第2試合は雨が強くなったために15日に順延された。19日は県立野球場で準決勝を行う。【露木陽介】

     息詰まる投手戦を佐久長聖が制した。三回1死二塁から花村が適時二塁打を放ち先制。先発の梅野は三塁を踏ませない投球で、1点を守り切った。金沢商は先発の米沢が粘投するも打線が散発4安打とつながらなかった。

     北越が少ない好機をものにした。同点の六回、1死二塁から佐藤圭が初球を右前に運び勝ち越し、七回にも1点を加え逃げ切った。上田西は相手を上回る10安打を放ったが、2併殺が痛かった。

    投手戦を制す

     <金沢市民野球場>

     ▽準々決勝

    金北越沢商

      000000000=0

      00100000×=1

    佐久長聖

     (金)米沢―室木

     (佐)梅野―横田

    ▽二塁打 堀江(金)花村2(佐)

    2併殺が響く

     ▽同

    上田西

      000010001=2

      10000110×=3

    北越

     (上)阿部、山口―小林

     (北)阿部―高橋

    ▽二塁打 柳沢(上)佐藤圭(北)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

    5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです