メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 佐久長聖が4強 /長野

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は14、15日、金沢市の石川県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝4試合があった。星稜(石川1位)、日本航空石川(石川2位)、北越(新潟1位)、佐久長聖(長野2位)が準決勝に駒を進めた。佐久長聖の秋のこの大会の4強入りは4年ぶり。

 14日に予定されていた4試合のうち、両球場の第2試合は雨が強くなったために15日に順延された。19日は県立野球場で準決勝を行う。【露木陽介】

 息詰まる投手戦を佐久長聖が制した。三回1死二塁から花村が適時二塁打を放ち先制。先発の梅野は三塁を踏ませない投球で、1点を守り切った。金沢商は先発の米沢が粘投するも打線が散発4安打とつながらなかった。

 北越が少ない好機をものにした。同点の六回、1死二塁から佐藤圭が初球を右前に運び勝ち越し、七回にも1点を加え逃げ切った。上田西は相手を上回る10安打を放ったが、2併殺が痛かった。

投手戦を制す

 <金沢市民野球場>

 ▽準々決勝

金北越沢商

  000000000=0

  00100000×=1

佐久長聖

 (金)米沢―室木

 (佐)梅野―横田

▽二塁打 堀江(金)花村2(佐)

2併殺が響く

 ▽同

上田西

  000010001=2

  10000110×=3

北越

 (上)阿部、山口―小林

 (北)阿部―高橋

▽二塁打 柳沢(上)佐藤圭(北)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです