メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 組み合わせ決まる 4県12校 県内で26日開幕 /岐阜

[PR]

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が15日、名古屋市中村区であった。大会は26日に岐阜市などで開幕し、東海4県の各県大会を勝ち抜いた計12校が出場する。大会成績は来春のセンバツ出場校選考の資料となる。

     県1位の県岐阜商は27日の2回戦で愛工大名電(愛知2位)と三重(三重3位)の勝者と対戦する。県2位の大垣商は豊川(愛知3位)、県3位の大垣西は加藤学園(静岡2位)とそれぞれ26日に対戦する。

     県岐阜商の鍛治舎巧監督は「夏の主力メンバーがほぼ残っている。選手の目標は明治神宮大会の優勝なので、思い残すことのない戦いをしたい」と意気込んだ。大垣商の有賀竜也監督は「小粒なチームだが、主将の貞光を中心にまとまりがある。右の3投手をうまくつなぎたい」、大垣西の宮脇賢二部長は「夏の大会のレギュラーがほぼ残っており経験豊富。何とか勝ち上がりたい」とそれぞれ抱負を語った。【三浦研吾】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

    3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです