メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 対戦相手が決まる 26日から4県12校熱戦 /静岡

[PR]

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が15日、名古屋市中村区であった。大会は26日に岐阜県で開幕し、東海4県の各県大会を勝ち抜いた計12校が出場する。大会成績は来春のセンバツ出場校選考の資料となる。

     県1位の藤枝明誠は27日の2回戦で、大垣商(岐阜2位)と豊川(愛知3位)の勝者と対戦する。県2位の加藤学園は大垣西(岐阜3位)と、県3位の静岡商は津商(三重2位)とそれぞれ26日に1回戦で対戦する。

     藤枝明誠の光岡孝監督は「昨年から経験豊富な大石、小林の2投手を中心に、守りからリズムを作っていきたい」と意気込んだ。【三浦研吾】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特攻兵器「回天」の記憶を、父の遺志受け米国で語り継ぐ マイケル・メアさん追悼式参列

    2. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

    3. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

    4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

    5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです