メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 県代表3校熱戦へ 組み合わせ決まる 岐阜で26日開幕 /三重

[PR]

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が15日、名古屋市中村区であった。大会は26日に岐阜県で開幕し、東海4県の各県大会を勝ち抜いた計12校が出場する。大会成績は来春のセンバツ出場校選考の資料となる。

 県1位の近大高専は27日の2回戦で、加藤学園(静岡2位)と大垣西(岐阜3位)の勝者と対戦する。県2位の津商は静岡商(静岡3位)と、県3位の三重は愛工大名電(愛知2位)とそれぞれ26日に1回戦で対戦する。

 近大高専の重阪俊英監督は「エース箕延と背番号8の白石を中心に守備でリズムを作り、県大会同様、一球一球集中して戦いたい」と意気込んだ。津商の宮本健太朗監督は「粘りと勢いがあるチーム。その時に調子の良い選手をうまく見極め、全員で戦っていきたい」、三重の小島紳監督は「公式戦は3回負けて10試合こなしているので、ある意味経験値があり、開き直ったような強さを出していきたい」とそれぞれ抱負を語った。【三浦研吾】

〔三重版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです