メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 徳島北、初優勝 城東3位、四国大会へ 徳島北、川島、城東、監督の話 /徳島

[PR]

先制気持ち楽に 徳島北・住吉圭吾監督

 先制したことで選手たちの気持ちが楽になって勝利につながった。打撃は、もう少し点が取れたと思うので今後の課題だ。四国大会までに県大会の疲れをしっかり取ってベストを尽くしたい。

    点差縮められず 川島・山根浩明監督

     今大会で選手たちは持っている以上の力を出してくれた。決勝では序盤に点を取られ、その後も差を縮められなかった。自分たちらしい粘り強い野球を見直して、四国大会に臨みたい。

    残塁の多さ課題 城東・鎌田啓幸監督

     狙い球を絞り、盗塁など機動力を生かした城東らしい試合ができた。打撃も練習の成果が出せたと思う。四国大会出場はうれしい。残塁の多さが課題なので、あと1本が出るように仕上げたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

    2. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

    3. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    4. 伊原六花 登美丘高校ダンス部元キャプテン、CMで自身考案ダンス披露

    5. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです