メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県予選 高知中央、初V 明徳義塾3位、四国大会へ 高知中央、岡豊、明徳義塾、監督の話 /高知

[PR]

相手観察し投球 高知中央・重兼知之監督

 よく頑張った。勝因はバッテリーに尽きる。特に指示は出していないが、相手を観察してリズム良く投げていた。四国大会では、県予選でミスがあった守備を再確認して一戦必勝で挑む。

    球の見極め課題 岡豊・中川明彦監督

     相手投手の球にキレがあった。高めの球はタイミングが合わず、低めのボール球を振ってしまった。四国大会までに、縦の変化球への対応やボールの見極めを課題に打撃練習を重ねたい。

    走攻守鍛え直す 明徳義塾・馬淵史郎監督

     残塁が多く、あと1本が出なかった。3位通過したので四国大会で(県予選準決勝で敗れた)高知中央にリベンジするチャンスを得た。走攻守全てを四国大会までの2週間で鍛え直す。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

    5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです