メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 盛岡大付4強

[PR]

 (15日)

 東北は準々決勝4試合を行った。初出場の仙台城南(宮城)、今夏の甲子園16強の鶴岡東(山形)、同8強の仙台育英(宮城)と盛岡大付(岩手)が17日の準決勝に進んだ。16日は休養日。

 北信越は準々決勝の残り2試合があり、日本航空石川(石川)と北越(新潟)が19日の準決勝に進んだ。東京は1回戦8試合が行われた。


東北(岩手県営ほか)

 ▽準々決勝

東奥義塾(青森)

  000000000=0

  00000030×=3

盛岡大付(岩手)

 (東)山内、斉藤―原田

 (盛)石井―塚本

仙台育英(宮城)

  000010500=6

  000000001=1

一関学院(岩手)

 (仙)笹倉、向坂、菅原、伊藤、向坂―木村

 (一)佐藤弘、小綿、菅原―佐々木春、浦島

鶴岡東(山形)

  001003600=10

  310010000=5

青森山田(青森)

 (鶴)渡辺、小林三―北原

 (青)高橋、藤森、山村、小牟田―新井山

▽本塁打 野川(鶴)小牟田(青)

磐城(福島)

  000000102=3

  01000140×=6

仙台城南(宮城)

 (磐)沖、佐藤、国府田―岩間

 (仙)阿部伶―石川

▽本塁打 立山(仙)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 阪神が接戦制し2連勝 糸井の適時打で追いつき勝ち越し

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです