メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 奈良・橿原で19日開幕 16校、頂点目指し激突(その1) /和歌山

2018年の近畿大会でサヨナラ勝ちし、笑顔で駆け出す龍谷大平安ナイン=神戸市のほっともっとフィールド神戸で、黒詰拓也撮影

[PR]

 秋の近畿王者をかけて16校が争う秋季近畿地区高校野球大会が19日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで開幕する。今年の夏の甲子園を制した履正社(大阪)がその強さを再び見せつけるのか、それとも新たな力を蓄えたチームが快進撃を起こすのか。大会を展望すべく、参加全16校を紹介する。

    甲子園強豪校か新顔か

     昨年の秋季近畿大会決勝は龍谷大平安(京都)と明石商(兵庫)が対戦した。延長十二回までもつれこんだ激戦の末、多田龍平選手が2死満塁から右前打を放ち、龍谷大平安が2―1で逆転サヨナラ勝ち。5年ぶり6回目の優勝を果たした。

     最近10年の秋季近畿大会の優勝回数を見ると、龍谷大平安▽大阪桐蔭(大阪)▽天理(奈良)がいずれも2回で並ぶ。府県別に見ても京都▽大阪▽奈良が3回で並び、最近10年の優勝はこの3府県がほとんどを占めている。他県勢の巻き返しが注目される。

     今大会、昨年優勝の龍谷大平安は出場しないが、昨年準優勝の明石商や夏の甲子園で明石商を破った履正社などが出場。他にも、大阪桐蔭など甲子園常連の強豪校がそろい、熱戦が繰り広げられる。


     ■最近10年の秋の近畿大会優勝校と準優勝校■

       【優勝校】         【準優勝校】

    2018年 龍谷大平安(京都)  明石商(兵庫)

      17年 大阪桐蔭(大阪)   智弁和歌山(和歌山)

      16年 履正社(大阪)    神戸国際大付(兵庫)

      15年 大阪桐蔭(大阪)   滋賀学園(滋賀)

      14年 天理(奈良)     立命館宇治(京都)

      13年 龍谷大平安(京都)  智弁和歌山(和歌山)

      12年 京都翔英(京都)   報徳学園(兵庫)

      11年 智弁学園(奈良)   天理(奈良)

      10年 天理(奈良)     履正社(大阪)

      09年 神戸国際大付(兵庫) 大阪桐蔭(大阪)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

    2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

    3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

    4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

    5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです