メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 奈良・橿原で19日開幕 16校、頂点目指し激突(その2止) /和歌山

[PR]

大阪

 (大阪桐蔭、履正社、初芝立命館)

     第1代表の大阪桐蔭は投打のかみあったハイレベルな野球が持ち味だ。「2季連続で甲子園を逃した悔しさがこのチームの原動力」と西谷浩一監督。

     第2代表の履正社は今夏の甲子園で全国制覇したメンバーが多数残り強力打線は健在。同大会で優勝投手になった岩崎峻典選手にも期待がかかる。

     18年ぶり3度目の出場となる初芝立命館が第3代表。上位打線と1年生の林一八投手の成長が上位進出の鍵を握る。【隈元悠太】

     ◆大阪桐蔭◆

    部長 有友茂史

    監督 西谷浩一

     1 藤江星河 (2)

     2 清水大晟 (2)

     3 吉安遼哉 (2)

     4 加藤巧也 (2)

     5 西野力矢 (2)

     6 伊東光亮 (2)

     7 船曳烈士 (2)

     8 池田陵真 (1)

     9 仲三河優太(2)

    10 前田健伸 (1)

    11 申原理来 (2)

    12 上野海斗 (2)

    13◎薮井駿之裕(2)

    14 柳野友哉 (2)

    15 松浦慶斗 (1)

    16 竹中勇登 (1)

    17 関戸康介 (1)

    18 浅野駿  (2)

    19 古藤遥人 (2)

    20 増田和希 (2)

     ◆履正社◆

    部長 松平一彦

    監督 岡田龍生

     1 岩崎峻典 (2)

     2◎関本勇輔 (2)

     3 島野圭太 (2)

     4 池田凜  (2)

     5 小深田大地(2)

     6 中原雄也 (2)

     7 両井大貴 (2)

     8 田上奏大 (2)

     9 大西蓮  (2)

    10 内星龍  (2)

    11 衣笠遼  (2)

    12 松田遼太 (2)

    13 島千輝  (2)

    14 弓埜祥太郎(2)

    15 永下飛雄馬(2)

    16 田浦和真 (2)

    17 辰巳颯  (2)

    18 渡邊純太 (1)

    19 中田陽志 (2)

    20 真鍋剛志 (2)

     ◆初芝立命館◆

    部長 竹谷周久

    監督 楠本雄亮

     1 森瑠惟斗 (2)

     2 小山翼  (1)

     3 坂元宏行 (2)

     4 尾郷瑛  (2)

     5 中村隼海 (2)

     6 野上航汰 (2)

     7 辻子太陽 (2)

     8 山上以頼 (2)

     9◎毛利伽央主(2)

    10 林一八  (1)

    11 冨士谷颯 (2)

    12 河﨑祥太 (2)

    13 中山颯太 (2)

    14 古川新之助(2)

    15 阪口大和 (2)

    16 中上元  (1)

    17 寄田陽介 (2)

    18 渋川夏  (1)

    19 内田太陽 (1)

    20 宮園大輝 (2)

    兵庫

     (報徳学園、明石商、神戸国際大付)

     第1代表の報徳学園は2年連続の出場。強力打線が看板で、県大会の平均得点は6・7に上る。主戦・坂口翔颯投手は制球力が光る。

     第2代表の明石商は3年連続の出場。最速151キロの中森俊介投手、甲子園通算3本塁打の来田涼斗中堅手を軸に初優勝を狙う。

     神戸国際大付は第3代表で2年連続の出場。打線は切れ目がなく、県大会3位決定戦では17安打を放った。【望月靖祥】

     ◆報徳学園◆

    部長 礒野剛徳

    監督 大角健二

     1 坂口翔颯 (2)

     2 南條碧斗 (1)

     3 不動銀河 (2)

     4 足立達希 (2)

     5 下井田悠人(1)

     6 田中隼人 (1)

     7 湯水海  (1)

     8◎三宅雄雅 (2)

     9 中山克海 (2)

    10 久野悠斗 (1)

    11 安達稜真 (2)

    12 黒田英一 (2)

    13 福田連二郎(2)

    14 岡本豪  (2)

    15 森口大也 (2)

    16 木下幸甚 (2)

    17 向高滉人 (1)

    18 吉村貫汰 (2)

    19 小国玲央 (1)

    20 武田大遥 (2)

     ◆明石商◆

    部長 浦井佑介

    監督 狭間善徳

     1 中森俊介 (2)

     2 中野憂翔 (2)

     3 植本拓哉 (2)

     4 宮城光伸 (2)

     5 冨士川宗汰(2)

     6 井上隼斗 (2)

     7 河野佑哉 (2)

     8◎来田涼斗 (2)

     9 福井雄太 (2)

    10 西村元輝 (1)

    11 井崎太玖翔(2)

    12 川上桂慎 (2)

    13 名村康太郎(2)

    14 嶋谷蒼  (2)

    15 山本大誠 (2)

    16 松下裕人 (2)

    17 福本綺羅 (1)

    18 山口瑛史 (2)

    19 金沢良  (1)

    20 久保陽太郎(1)

     ◆神戸国際大付◆

    部長 田中隆太

    監督 青木尚龍

     1 角谷凜斗 (2)

     2 森川凌  (2)

     3 隠地尊俊 (2)

     4 柴田大成 (2)

     5◎笠松拓真 (2)

     6 嘉陽宗陛 (2)

     7 岡野翔海 (2)

     8 浅川駿斗 (2)

     9 出石歩夢 (2)

    10 阪上翔也 (1)

    11 加門虎太朗(1)

    12 木村修太 (1)

    13 丸岡東馬 (2)

    14 岸大智  (2)

    15 竹田陸  (2)

    16 植垣三四郎(2)

    17 井上駿  (2)

    18 村北隼  (2)

    19 西川侑志 (1)

    20 浅田晴樹 (2)

    滋賀

     (近江、立命館守山、綾羽)

     第1代表の近江は4年連続21回目の出場。島滝悠真、本間遥大の両投手を中心に県大会5試合で1失点と守りが堅い。俊足巧打の土田龍空、勝部風雅両選手が打線を引っ張る。

     第2代表の立命館守山は何度も接戦を制し、初出場を果たした。捕手と投手をこなし、主軸も担う景山透唯選手が攻守の要となる。

     12年ぶり3回目の出場となる第3代表の綾羽は軟投派の主戦・早津康生投手を中心に、粘り強い守りで戦い抜いた。【菅健吾】

     ◆近江◆

    部長 武田弘和

    監督 多賀章仁

     1 島滝悠真 (1)

     2 長谷川勝紀(2)

     3 新野翔大 (1)

     4 井口遥希 (1)

     5 鈴木脩太 (2)

     6◎土田龍空 (2)

     7 安斎千潤 (2)

     8 勝部風雅 (2)

     9 藤川涼星 (2)

    10 本間遥大 (2)

    11 星野琉空 (2)

    12 菅原大樹 (2)

    13 澤井大智 (2)

    14 渡辺一世 (2)

    15 山口真之介(2)

    16 溝畑雄大 (2)

    17 明石楓大 (1)

    18 田中航大 (2)

    19 中江翔羅 (2)

    20 更田龍騎 (2)

     ◆立命館守山◆

    部長 箭内健

    監督 秋武祥仁

     1 信次陽和 (1)

     2 景山透唯 (2)

     3 中井彪生 (2)

     4◎西田賢生 (2)

     5 花田泰希 (1)

     6 宮本凱  (1)

     7 下村成生 (2)

     8 花園悠真 (1)

     9 後藤征陽 (2)

    10 北村怜士 (1)

    11 國府恵心 (2)

    12 梅村宗吾 (1)

    13 川崎央太郎(1)

    14 飯田帆空 (2)

    15 吉田天龍 (1)

    16 西村心海 (1)

    17 山田知生 (2)

    18 小川湧雅 (1)

    19 寺阪茉南 (1)

    20 小島崇吾 (1)

     ◆綾羽◆

    部長 長岡高弘

    監督 千代純平

     1 早津康生 (2)

     2 西山聡  (2)

     3 伊藤彰馬 (2)

     4 日比達也 (2)

     5 高山心  (1)

     6 松田幸也 (2)

     7 浅井倖介 (2)

     8 近藤大暉 (2)

     9 金城颯把 (1)

    10◎大橋幸成 (2)

    11 中山力斗 (2)

    12 金山凌大 (1)

    13 近藤聖恩 (1)

    14 毛利広大 (1)

    15 中原果也 (1)

    16 中島陸尊 (1)

    17 斎藤霞惟 (2)

    18 梅影咲良 (1)

    19 上村匠  (1)

    20 田中龍也 (2)

    奈良

     (智弁学園、奈良大付、天理)

     第1代表の智弁学園は2年ぶり27回目の出場。県予選では前川右京選手を中心とした強力打線で、準決勝まで全てコールド勝ちだった。

     第2代表の奈良大付の出場は4年ぶり。緩急を付けて打ち取る矢野一希投手や鋭い変化球が持ち味の東大地投手など多彩な投手陣がそろう。

     2年連続33回目の出場となる第3代表の天理は、下林源太主将を中心に攻守がどれだけ機能するかが鍵となる。【小宅洋介】

     ◆智弁学園◆

    部長 井元康勝

    監督 小坂将商

     1 荒川翔太 (2)

     2 佐藤尊将 (2)

     3 大橋誠斗 (2)

     4 三田智也 (2)

     5 山下陽輔 (1)

     6 岡島光星 (1)

     7 前川右京 (1)

     8 山崎空雅 (2)

     9◎白石陸  (2)

    10 小畠一心 (1)

    11 西村王雅 (1)

    12 田上拓磨 (2)

    13 錦織拓馬 (2)

    14 浦谷直弥 (2)

    15 百瀬一真 (2)

    16 今崎圭秦 (2)

    17 三垣飛馬 (1)

    18 岡田皓一朗(2)

    19 植垣洸  (1)

    20 垪和拓海 (1)

     ◆奈良大付◆

    部長 中本真教

    監督 田中一訓

     1 矢野一希 (2)

     2 山本陸  (2)

     3 野坂拓夢 (2)

     4 北島広夢 (2)

     5 泉幸佑  (2)

     6◎喜多智也 (2)

     7 今井優  (2)

     8 吉岡耶翔 (2)

     9 池田遼介 (2)

    10 東大地  (1)

    11 中西陸久 (2)

    12 猪岡悠吾 (2)

    13 松下隼  (2)

    14 本間悠人 (1)

    15 竹村律希 (1)

    16 石村歩大 (2)

    17 粟井祐斗 (2)

    18 二宮知也 (1)

    19 本間賢人 (1)

    20 池内智哉 (2)

     ◆天理◆

    部長 笠井要一

    監督 中村良二

     1 庭野夢叶 (2)

     2 山元太陽 (2)

     3 内山陽斗 (1)

     4 田中輝希 (2)

     5◎下林源太 (2)

     6 杉下海生 (1)

     7 逸見顕太郎(2)

     8 山地裕輔 (2)

     9 河村拓民 (2)

    10 田中勝大 (2)

    11 吉岡大誓 (2)

    12 山田孝徳 (2)

    13 河西陽路 (2)

    14 堀内太陽 (1)

    15 長野陽人 (1)

    16 江口巨樹 (2)

    17 嶋田優心 (2)

    18 福重翔三 (2)

    19 達孝太  (1)

    20 瀬千皓  (1)

    京都

     (京都翔英、東山)

     第1代表の京都翔英は2年ぶりの出場。主将で捕手の森岡大輔選手を軸とした強力打線が特長で、府大会7試合の平均得点は6・3に上る。

     第2代表は3年ぶり出場となる東山。府大会準決勝では、延長十一回に主将で遊撃の田中陸選手らの適時打で3点を奪うなど粘り強さが持ち味だ。【添島香苗】

     ◆京都翔英◆

    部長 前田雅大

    監督 山下勝弘

     1 植田碧流 (2)

     2◎森岡大輔 (2)

     3 和田貫汰 (2)

     4 住野元哉 (2)

     5 西岡義晴 (2)

     6 浅野晴弥 (1)

     7 岡西和哉 (2)

     8 大生竜万 (2)

     9 大原駿  (2)

    10 大越颯汰 (2)

    11 三尾倖平 (2)

    12 徳本創太朗(2)

    13 西坂樹  (2)

    14 水本羊輝 (2)

    15 安谷涼  (2)

    16 羽端唯人 (2)

    17 森田剛史 (2)

    18 池島涼太 (1)

    19 林大輔  (2)

    20 岡野虎太 (2)

     ◆東山◆

    部長 尾迫大樹

    監督 足立景司

     1 布施晴大 (2)

     2 吉田優輝 (2)

     3 北尾斗唯 (2)

     4 安田康太郎(2)

     5◎田中陸  (2)

     6 田中順基 (2)

     7 福島唯斗 (2)

     8 坪井克樹 (2)

     9 国分裕生 (1)

    10 梅谷侑生 (2)

    11 渕田寛人 (2)

    12 三橋叡  (2)

    13 原亮二  (1)

    14 中原悠空 (1)

    15 酒井優樹 (2)

    16 浜崎康成 (2)

    17 山岡唯人 (2)

    18 山中颯馬 (1)

    19 井出凪音 (2)

    20 土久楓雅 (2)

    和歌山

    (智弁和歌山、和歌山南陵)

     第1代表の智弁和歌山は4年連続の出場。数人が今夏の甲子園を経験し、緻密な攻撃と豊富な投手陣による継投で着実に勝利を積み重ねた。

     第2代表の和歌山南陵は創部4年目で初出場。浜新之介、古家一輝の2投手がチームを引っ張り、粘り強く勝ち上がってきた。【砂押健太】

     ◆智弁和歌山◆

    部長 塩健一郞

    監督 中谷仁

     1 小林樹斗 (2)

     2 宇井治都 (2)

     3 川上珠嵐 (2)

     4 綾原創太 (2)

     5 平田晃将 (2)

     6 大西拓磨 (1)

     7 小林白彪 (2)

     8◎細川凌平 (2)

     9 徳丸天晴 (1)

    10 宮坂厚希 (1)

    11 矢田真那斗(2)

    12 石平創士 (1)

    13 大仲勝海 (1)

    14 畑脩平  (2)

    15 高嶋奨哉 (1)

    16 大林優平 (2)

    17 角井翔一朗(1)

    18 中西聖輝 (1)

    19 池田泰騎 (2)

    20 伊藤大稀 (1)

     ◆和歌山南陵◆

    部長 島田拓弥

    監督 岡本哲司

     1 浜新之介 (2)

     2 赤嶺光哉 (2)

     3 亀井颯希 (2)

     4 田中翔大 (2)

     5◎尾場瀬寛太(2)

     6 松尾友義 (2)

     7 上野一輝 (2)

     8 中山楓斗 (2)

     9 前川貴哉 (2)

    10 中村隼大 (2)

    11 古家一輝 (1)

    12 小柳翔空 (1)

    13 秋本幸雅 (2)

    14 村田寛知 (1)

    15 高田圭基 (2)

    16 森本蒼惟 (2)

    17 石原翔太 (1)

    18 松村駿希 (1)

    19 木村泰一 (1)

    20 日高豊志 (1)


     <選手名簿の見方>左の数字は背番号、丸囲み数字は学年、◎は主将。いずれも府県大会の決勝または3位決定戦時点のメンバーで、近畿大会の登録メンバーとは異なります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

    4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

    5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです