メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

きょうドラフト会議 未来のスター5候補

岩手・大船渡高の佐々木朗希投手=和田大典撮影

 東京都内で17日に開かれるプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議の最大の注目は、甲子園未経験ながら最速163キロを誇る佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した最速154キロの奥川恭伸(石川・星稜高)の両右腕だ。今後の野球人生を左右する運命のドラフトは午後5時から。大学、社会人を含めた指名有力選手を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです