メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球ドラフト×社会人

日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

昨年の日本選手権で2試合連続完封勝利を挙げたJFE西日本の河野竜生投手=大阪市西区の京セラドーム大阪で2018年11月10日、幾島健太郎撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が17日、東京都内で開かれ、JFE西日本の河野竜生(りゅうせい)投手(21)が日本ハムから1位指名を受けた。身長174センチの左腕は徳島・鳴門高で夏の甲子園に3年連続で出場。強気のマウンド度胸に加え、社会人3年間で最速151キロの直球に多彩な変化球を織り交ぜる投球術を磨き、プロの世界へと旅立つ。【村上正/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1017文字)

村上正

毎日新聞東京本社運動部。1984年、神戸市生まれ。2007年入社。舞鶴支局、神戸支局を経て、大阪本社社会部では府警などを担当。東京運動部では17年4月から水泳やサーフィンを担当。16年リオデジャネイロ五輪を取材した感動から、長女に「リオ」と命名した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです