メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球ドラフト×社会人

パナソニック・片山勢三内野手は指名漏れ 高校時代のサヨナラ本塁打は182万回再生 体重105キロのスラッガー

都市対抗野球3回戦の鹿嶋市(日本製鉄鹿島)戦で八回表2死一、三塁から右前適時打を放つ片山龍内野手=東京ドームで2019年7月20日、吉田航太撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が17日、東京都内で開かれ、上位候補にも挙がったパナソニックの片山勢三(せいぞう)内野手(24)は指名漏れとなった。福岡・門司学園高3年、夏の福岡大会で場外へサヨナラ3ランを放ち、涙を流しダイヤモンドを一周する姿は動画投稿サイト「ユーチューブ」で現在までに182万回再生され、話題を呼んだ。あれから6年。大学、社会人を経てプロの世界を目指した体重105キロの巨漢スラッガーはさらなる飛躍を期して来年以降の指名を待つ。【村上正/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1360文字)

村上正

毎日新聞東京本社運動部。1984年、神戸市生まれ。2007年入社。舞鶴支局、神戸支局を経て、大阪本社社会部では府警などを担当。東京運動部では17年4月から水泳やサーフィンを担当。16年リオデジャネイロ五輪を取材した感動から、長女に「リオ」と命名した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです