メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球ドラフト会議 憧れの舞台へ意気込み 県内選手、指名相次ぐ /神奈川

横浜DeNAの帽子をかぶり、部員らに祝福される森選手(前列右から5番目)=横浜市青葉区で

 17日のプロ野球ドラフト会議では、県内からも選手が次々と指名された。高校生では桐蔭学園高・森敬斗選手(17)が地元の横浜DeNAから、社会人の東芝・宮川哲投手(24)が埼玉西武から1位指名を受けた。記者会見した選手らは喜びの表情で憧れの舞台への夢を語った。

「地元の期待に応える」 DeNA1位 桐蔭学園高・森選手

 桐蔭学園高の森選手は横浜市青葉区の同校でチームメートとドラフト会議の様子をテレビで見守った。DeNAに1位指名されると喜びをかみ締め、「地元の期待に応えられるよう練習したい」と意気込んだ。

 森選手は俊足と強肩が持ち味の遊撃手。「結果がすべて」と厳しい姿勢で野球に向き合ってきた。主将として…

この記事は有料記事です。

残り2276文字(全文2578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです