メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎日大が1点差競り勝つ 2年生岩崎、好救援 秋季高校野球九州大会

高校野球秋季九州大会【宮崎日大-鹿児島実】三回途中から好救援した宮崎日大の岩崎優太=佐賀市のみどりの森県営球場で2019年10月19日、黒澤敬太郎撮影

[PR]

高校野球秋季九州大会 ▽1回戦 ○宮崎日大3―2鹿児島実●=19日・みどりの森県営球場

 高校野球の秋季九州大会は19日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで1回戦があり、宮崎日大が鹿児島実に3―2で逆転勝ちし、2回戦に進出した。

 宮崎日大の2年生右腕、岩崎優太が好救援で流れを呼び込んだ。三回2死一、二塁でマウンドに上がると、内野安打を許し満塁のピンチを招いた。だが続く8番を一ゴロに打ち取りピンチをしのぐと、直後に味方打線が逆転。その後は直球とスライダーを織り交ぜ的を絞らせず、九回まで投げ被安打3、無失点の好投で1点差を守った。

 身長178センチ、体重90キロを超える恵まれた体格だが、投球では球威よりもコントロールを重視する。大会前の調整が遅れ背番号は10となったが、楠田賢吾監督は「うちにはあの子しかいない」と信頼を置く。岩崎は「一試合ずつ勝つ。次の試合に集中したい」と活躍を誓った。【黒澤敬太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです