メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 習志野が初戦快勝 きょう、拓大紅陵は花咲徳栄と /千葉

【習志野-前橋育英】七回表習志野1死満塁、桜井が2点適時二塁打を放つ=前橋市の上毛新聞敷島球場で

[PR]

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が19日、前橋市の上毛新聞敷島球場などで開幕した。開会式では出場15校の選手たちが堂々と入場行進した。この日は1回戦3試合があり、習志野(千葉1位)は前橋育英(群馬2位)に7―3と快勝し、準々決勝に進んだ。20日は1回戦4試合が行われ、拓大紅陵(千葉2位)は午後0時半から花咲徳栄(埼玉1位)と対戦する。【加古ななみ】

    終盤に猛攻

     <上毛新聞敷島球場>

     ▽1回戦

    習志野(千葉1位)

      000100411=7

      000020100=3

    前橋育英(群馬2位)

     (習)山内―宮下

     (前)菊池、武藤、大河原、細野―須永

     ▽二塁打 桜井(習)飯野(前)

     習志野は1点を追う七回、小澤の左前適時打や桜井の2点適時二塁打などで4点を挙げ逆転。九回には1死二、三塁とし、山内の犠飛で1点を追加した。前橋育英は習志野と同じ12安打ながら好機を生かせなかった。

    4番逆転の一打

     ○…七回1死満塁で打席に立ったのは4番・桜井亨佑選手(2年)だった。「よし、打ってやろう」。カーブを思い切り振り抜き、2人を還し、逆転に成功。二塁ベースで拳を突き上げて喜んだ。県大会では後半から思うように打てず苦しんだ。試合後、小林徹監督は「力まず楽に打席に入れるようになった」と目を細めた。桜井選手は「前向きな気持ちで自分のスイングができた」と言い、次戦に向けて「全力で勝ちにいきたい」。


     ◆高校野球テレホンガイド

    0180・99・1232

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

    2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

    3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

    4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです