メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 東海大相模が好発進 桐光学園も競り勝つ /神奈川

【東海大相模-駿台甲府】一回表東海大相模2死満塁、加藤が左越え本塁打を放つ=上毛新聞敷島球場で

[PR]

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)が19日、前橋市の上毛新聞敷島球場などで開幕し、1回戦3試合が行われた。県勢の東海大相模(神奈川1位)は駿台甲府(山梨2位)に14―2とコールド勝ちし、桐光学園(神奈川2位)は霞ケ浦(茨城2位)を4―2で降し、ともに準々決勝に進出した。東海大相模は21日午前10時から高崎城南球場で習志野(千葉1位)と、桐光学園は同日午後0時半から上毛新聞敷島球場で桐生第一(群馬1位)と対戦する。【池田直、妹尾直道】

    初回一挙9得点

     <上毛新聞敷島球場>

     ▽1回戦

    東海大相模(神奈川1位)

      9000023=14

      0001010=2

    駿台甲府(山梨2位)

     (七回コールド)

     (東)諸隈、金城、笠川―神里

     (駿)大須賀、藤井―三木

    ▽本塁打 加藤(東)

    ▽三塁打 三木(駿)

    ▽二塁打 西川、神里(東)

     東海大相模が19安打の猛攻で快勝した。初回、西川の2点適時二塁打に続き、加藤の満塁本塁打などで一挙9得点。六、七回にも加点し試合を決めた。駿台甲府は四、六回に1点ずつを返したが、打線がつながりを欠いた。

    打線好機生かす

     <高崎城南球場>

     ▽1回戦

    桐光学園(神奈川2位)

      030000001=4

      000010001=2

    霞ケ浦(茨城2位)

     (桐)安達―石倉

     (霞)山本―瀬川

    ▽三塁打 宮崎(霞)

    ▽二塁打 山本(霞)

     桐光学園は二回、1死満塁から直井の犠飛や馬込の2点適時打で3点を先取。九回にも加点して逃げ切った。霞ケ浦は12安打を放ち、九回には2死一塁から宮崎の適時三塁打で2点差まで迫ったが、あと一本が出なかった。


     ■白球譜

    猛練習実り3打点 馬込悠選手 桐光学園(2年)

    桐光学園・馬込悠選手(2年)

     「これで打てばヒーローだ」。1点を先制した二回、2死満塁。内角の直球にバットを合わせると、打球は右翼方向に抜ける2点適時打になった。仲間が生還するのを確認すると、声を出して喜びをあらわにした。

     県大会決勝では東海大相模に終盤で突き放され、悔しい敗戦。「バットを振り込んで状態を上げよう」と気持ちを切り替えた。関東大会までの2週間、毎朝1時間半の素振りを繰り返し、練習終わりにもバッティングを確かめた。その成果が初戦で発揮され、「チームを助けられてよかった」と笑う。

     五回の見逃し三振を引きずらず、九回には犠飛で追加点を挙げ、この日3打点。野呂雅之監督も「あの1点は大きかった」と活躍をたたえる。

     チームは多くの安打を浴びながらも最後で粘り、堅守を見せた。次戦の桐生第一は「自分たちの野球ができれば、絶対勝てない相手じゃない」。その目はさらに先を見据えている。【池田直】


    高校野球テレホンガイド

     0180・99・1232

     毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

    3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです