メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球

唐津商、大分・明豊に力負け 6本塁打の乱打戦 1回戦 /佐賀

【明豊-唐津商】四回裏唐津商無死、宮崎選手(右)が本塁打を放ち、チームメートに迎えられる

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は19日、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦4試合があった。県勢の唐津商は初戦で明豊(大分)に14―20で敗れた。佐賀学園は20日、同球場で鹿児島城西(鹿児島)と対戦する。【山口響】

     明豊は1点を追う七回、中尾圭選手(2年)の適時打などで2点を返して逆転。九回には布施心海選手(2年)の本塁打も飛び出し、両チーム合わせて6本塁打の空中戦を制した。唐津商は二回、宮崎友汰選手(2年)の適時二塁打など打者一巡の猛攻で一挙8点を加点。六回までリードを保ち、6投手の継投で粘りを見せたが明豊打線に力負けした。


     ▽1回戦

    明豊

      022054241=20

      180140000=14

    唐津商

     (明)若杉、永見、吉開、狭間―居谷

     (唐)川野、市丸、原、溝添、森伊、江里―坂本勇

    ▽本塁打 宮川、中村、布施(明)宮崎友2、宮崎勇(唐)

    ▽三塁打 中尾(明)

    ▽二塁打 若杉、居谷(明)市丸2、坂本勇、宮崎友、杉田(唐)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

    3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです