メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球

創成館逆転勝ち、準々決勝に進出 /長崎

【熊本国府-創成館】八回裏創成館無死一、三塁、松永知大選手の犠飛で生還した松尾力基選手(右)

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は19日開幕し、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦4試合があった。県勢の創成館は熊本国府(熊本)を相手に八回に4安打を集めて4―2で逆転勝ちした。創成館は21日午前10時から宮崎日大(宮崎)と対戦する。【石井尚】

     創成館は1点差の八回、犠飛で同点に追いつくと、2死二、三塁から真鍋仁選手(2年)のバント安打で勝ち越し、勝負を決めた。熊本国府は八回に増田剣人選手(同)が適時打を放って一時勝ち越したが、及ばなかった。

     ▽1回戦

    熊本国府

      000001010=2

      10000003×=4

    創成館

     (熊)池田太―瀬田

     (創)白水、松永、藤川―浦辺

    ▽三塁打 瀬田(熊)長田(創)

    ▽二塁打 松永、浦辺(創)

    〔長崎版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

    3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

    5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです