メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球 宮崎日大、競り勝つ 鹿児島実を逆転で降す あす創成館と対戦 /宮崎

【宮崎日大-鹿児島実】四回表2死二、三塁、大山和泉選手の適時打で本塁に還る二塁走者の池辺海音選手(右)

 第145回九州地区高校野球大会は19日に開幕し、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦4試合があった。宮崎日大(宮崎)は鹿児島実(鹿児島)と対戦し、継投した岩崎優太投手(2年)が相手打線を無失点に抑える好投で3―2で勝った。宮崎日大は21日午前10時から創成館(長崎)と対戦する。【石井尚】

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです