メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島城西の八方、圧巻84球 テンポよく1安打零封 秋季高校野球九州大会

高校野球秋季九州大会【佐賀学園-鹿児島城西】7回1安打無失点と好投した鹿児島城西の八方悠介=佐賀市のみどりの森県営球場で2019年10月20日午前11時8分、黒澤敬太郎撮影

[PR]

高校野球秋季九州大会 ▽1回戦 ○鹿児島城西7―0佐賀学園●=20日・みどりの森県営球場

 高校野球の秋季九州大会は20日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで1回戦があり、鹿児島城西が佐賀学園に7―0で七回コールド勝ちした。

 鹿児島城西の2年生・八方悠介が七回コールドながら1安打無失点の快投を見せた。立ち上がりからテンポ良く抑えると、中盤に入っても「打たれる気がしなかった」。140キロ台の直球とスライダーやスプリットなどの変化球を織り交ぜ六回まで無安打に抑えた。「(無安打無得点を)意識した」と臨んだ七回に先頭打者に安打を許したが、動揺することもなく84球で試合を締めた。

 今春から背番号1を背負う右腕は、筋力トレーニングに継続的に取り組み夏前には最速146キロを計測。変化球も4種類を操るなど引き出しは多彩だ。快勝に笑顔を見せながらも「直球が高めに浮いていた。反省点を分析して次に臨みたい」と八方。エースとして優勝に導くため、次へと切り替えていた。【黒澤敬太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです