メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球

富島は初戦敗退 城北にサヨナラ許す /宮崎

【富島-城北】八回表富島2死二塁、黒木晃太選手の適時打で、一時は逆転に成功

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は20日、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦4試合があり、富島は城北(熊本)に7―8でサヨナラ負けした。21日は準々決勝4試合があり、4強入りをかけ、宮崎日大が創成館(長崎)と戦う。【山口響】

 ▽1回戦

富島

  210002020=7

  201002111=8

城北

 (富)富井―坂本

 (城)永谷、白石力―園田

▽本塁打 坂本、黒木晃(富)

▽三塁打 小松(富)

▽二塁打 小松(富)菊川、小高(城)

 城北は1点を追う八回、園田祐心選手(2年)の犠飛で同点に追いつく。九回、菊川奨悟選手(同)が勝ち越しの適時打を放ち、試合を決めた。富島は一回、坂本龍太郎選手(同)の本塁打で2点を先取したが、失策なども響き接戦を落とした。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです