メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球

熊本・城北サヨナラ8強 鹿児島城西はコールドで /鹿児島

【富島-城北】九回裏城北2死二、三塁、菊川選手がサヨナラ適時打を放ち試合を決めた

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は20日、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦4試合があり、城北(熊本)が富島(宮崎)に8―7でサヨナラ勝ちし、接戦を制した。鹿児島城西(鹿児島)は佐賀学園(佐賀)に7―0(七回コールド)で快勝した。21日は準々決勝4試合があり、4強入りをかけて城北と鹿児島城西が対戦。宮崎日大(宮崎)は創成館(長崎)と戦う。【山口響】

 ▽1回戦

富島 210002020=7

城北 201002111=8

 (富)富井―坂本

 (城)永谷、白石力―園田

▽本塁打 坂本、黒木晃(富)

▽三塁打 小松(富)

▽二塁打 小松(富)菊川、小高(城)

 城北は1点を追う八回、園田祐心選手(2年)の犠飛で同点に追いつく。九回、菊川奨悟選手(同)が勝ち越しの適時打を放ち、試合を決めた。富島は一回、坂本龍太郎選手(同)の本塁打で2点を先取したが、失策なども響き接戦を落とした。

佐賀学園

  0000000=0

  103030×=7

鹿児島城西

 (七回コールド)

 (佐)浜野―川副

 (鹿)八方―池山

▽本塁打 古市(鹿)

▽二塁打 古市、八方、原田、林(鹿)

 鹿児島城西は一回、池山聖悟選手(2年)の適時打で先制。三回と五回にも着実に加点し、主導権を渡さなかった。主戦の八方悠介投手(同)が7回を1安打に抑える好投を見せた。佐賀学園は七回、吉田力選手(同)がチーム初安打を放ち、一矢報いたが後続が倒れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです