メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 桐生第一と健大高崎4強 両監督、主将の話 /群馬

[PR]

狙い絞って打てた 桐生第一・今泉壮介監督

 ほっとしている。狙い球をしっかり絞って打つことができた。各選手がやるべきことをやったことが、得点につながった。選手たちが最高の準備をしてくれて、最高の結果につながった。

みんなでカバー 桐生第一・広瀬智也主将

 ミスがあったが、みんなでカバーできた。宮下投手が要所要所で抑えてくれた。一人一人の役割を意識して臨んだが、バントなどが決まらなかったので、反省したい。優勝を狙っていきたい。

主将が攻守に活躍 健大高崎・青柳博文監督

 選手は粘り強く戦ってくれた。1回戦に続き接戦だったが守りきれたと思う。捕手で主将の戸丸が攻守にわたって活躍してくれた。次も勝つつもりで、しっかり対策を練りたい。

たぐり寄せた勝利 健大高崎・戸丸秦吾主将

 前回に続き苦しい展開の試合だった。最後まであきらめず後ろにつないでいく意識で打席に立ち、勝ちをたぐり寄せた。次の準決勝までに一皮むけるよう練習をしていきたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです