メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 桐生第一と健大高崎4強 /群馬

【桐光学園-桐生第一】四回裏桐生第一、中島が満塁本塁打を決め喜ぶ選手たち=上毛新聞敷島球場で

[PR]

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)3日目の21日、前橋市の上毛新聞敷島球場などで準々決勝4試合が行われた。群馬1位の桐生第一が桐光学園(神奈川2位)に10―4で、同3位の健大高崎は西武台(埼玉2位)に3―2でそれぞれ勝利し、準決勝に進出。このほか、山梨学院(山梨1位)と東海大相模(神奈川1位)も共に4強入りした。

 準決勝は26日に上毛新聞敷島球場で開催。第1試合(午前10時~)で健大高崎が東海大相模と、第2試合(午後0時半~)で桐生第一が山梨学院とそれぞれ対戦する。【妹尾直道、菊池陽南子、西銘研志郎】

集中打突き放す

 <上毛新聞敷島球場>

 ▽準々決勝

桐光学園

  001011010=4

  00060022×=10

桐生第一

 桐生第一が相手に集中打を浴びせて突き放した。1点を追う四回、飯塚の二塁打などで無死一、三塁とし加藤のスクイズで同点。さらに無死満塁から中島の左越え満塁本塁打、大畠の犠飛でこの回6得点を挙げた。中盤に追い上げられ一時3点差とされたが、七、八回に各3安打を打って2点ずつを奪い、逃げ切った。

「役割を果たせた」

桐生第一・中島優月(2年)

 ○…桐生第一の5番・中島優月(2年)が5打数3安打5打点の活躍を見せた。四回には勝ち越しの満塁本塁打を放ち、「自分は打たないといけない選手。きょうは役割をしっかり果たせた」と胸を張った。打撃力を誇るチームの中心選手。ただ、優勝した県大会の決勝では得点に絡めず、下位打線の活躍で勝利をつかんだ。「自分たちが打てば、もっと投手が楽になれる」。関東大会は中軸としての強い自覚を持って臨んだ。同点で迎えた四回無死満塁の打席では、雄たけびを上げて気合を入れ、打席に入った。カウント狙いの直球を捉えると、手応え十分の打球は左スタンド方向へ。自校でいっぱいの応援席を沸かせた。七回にも2死二塁から適時二塁打を放ち、猛追する相手を突き放した。「強豪との試合は良い経験になる。チームが勝てるバッティングをしたい」と準決勝へ向けて力を込めた。

 ▽同

花咲徳栄

  001000000=1

  00011000×=2

山梨学院

 (花)高森―小林

 (山)吉川―栗田

▽三塁打 小吹(山)

▽二塁打 栗島(花)中島(山)

粘って接戦制す

【西武台-健大高崎】二回裏健大高崎1死三塁、山畑の犠打で三走・戸丸が本塁へ走り込み1点を勝ち越す=高崎城南球場で

 <高崎城南球場>

 ▽準々決勝

西武台

  011000000=2

  110000001=3

健大高崎

 健大高崎が接戦を制した。初回は四球などで1死三塁とし、小沢の適時二塁打で先制。二回には中越え三塁打を放った戸丸が山畑のスクイズで生還した。同点で迎えた九回は1死一、三塁から、山畑の打球が相手失策を誘ってサヨナラ勝ちした。先発の下は直球を武器に四回以降、無失点に抑える粘りを見せて完投した。

投球リズムに工夫

健大高崎・下慎之介投手(2年)

 ○…「最後は気持ちで切り抜けた」と先発の下慎之介(2年)。同点で迎えた九回表2死満塁を得意の直球で打ち取り、本塁を守った。初回から走者を背負う苦しい展開が続きながらも、捕手・戸丸秦吾(同)は「投球リズムを変えるなど下なりの工夫があった」と明かす。エースの粘投に青柳博文監督は「今日の試合で精神的にも成長した。将来が楽しみだ」と期待する。今秋から最速141キロの左腕としてチームを背負う。夏の県予選では予想外の初戦敗退で涙に沈んだが、この時に雪辱を誓ったことが投手としての意識を変える契機となった。「健大高崎の名前を全国にとどろかせる」。群馬3位で臨んだ関東大会で、チームのあいことばは「下克上」。次戦は強豪・東海大相模(神奈川)だが「今日と同じように厳しく攻めていきたい」と次戦を見据え、闘志を燃やした。

 ▽同

東海大相模

  200060220=12

  040000200=6

習志野

 (東)諸隈、金城、石田―神里

 (習)山内、上杉、堀井、山内―宮下

▽本塁打 西川、吉沢(東)桜井(習)

▽三塁打 山村(東)

▽二塁打 山村2、鵜沼2、吉沢(東)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです