メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 東海大相模4強進出 桐光学園は敗退 両監督、主将の話 /神奈川

[PR]

前半で離された 桐光学園・野呂雅之監督

 相手は強打線なので前半で離されない展開にしたかったが、ビッグイニングを作られてしまった。それでも最少失点の回を多く作れてよかった。できれば六回の攻撃でもう1点ほしかった。

守備にミス多く 桐光学園・浅見祥羽主将

 ミスが多く、取れるアウトを取りこぼした。失点後は我慢しようとチームメートと声を掛け合ったが、チャンスでの集中力にも欠けた。守備を中心にもっと練習しなければならない。

つなぐ野球できた 東海大相模・門馬敬治監督

 つなぐ野球ができたと思う。相手投手の決め球を見極めるなど、ゲームの対応力が今日は高かった。継投した金城の直球がよかったので、交代せず粘った。次の試合に向けて頑張りたい。

粘りを意識し攻撃 東海大相模・山村崇嘉主将

 逆転されても、焦らずやろうと切り替えられた。チームは2死から粘り強く攻撃することを以前より意識している。その成果が出てよかった。目標は優勝なのでここは通過点。次も勝ちたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです