メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

北信越地区大会 星稜が4連覇 猛攻4本塁打 /新潟

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は21日、金沢市の石川県立野球場で決勝があった。石川県勢同士の対決は、星稜(石川1位)が1試合チーム本塁打の大会記録を更新する4本塁打など22安打の猛攻で終始圧倒し、日本航空石川(石川2位)を19―1で降して優勝を果たした。星稜の北信越地区大会制覇は4季連続21回目、秋の大会では2年連続9回目。

     大会の成績は来春の選抜高校野球大会出場校(北信越地区からは2校)を選定する重要な参考資料となる。

     星稜は来月15日から東京・神宮球場で行われる明治神宮野球大会に北信越地区代表として出場する。【井手千夏】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

    2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

    3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

    5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです