メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 東山、力及ばず 1回戦敗退 /京都

【東山-明石商】六回裏明石商1死二、三塁、福井のスクイズで植本が生還し7点目=奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで、小宅洋介撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催)は21日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合があった。

 第1試合は明石商(兵庫)が序盤から優位に試合を進め、8―3で東山(京都)を降した。第2試合は奈良大付(奈良)が五回に打者一巡の猛攻を見せ、12―7で近江(滋賀)を振り切った。

 第3試合で予定されていた報徳学園(兵庫)―天理(奈良)戦は雨天のため延期となり、23日の午後2時から同スタジアムで開かれる。【小宅洋介】

 ▽1回戦

東山  000120000=3

明石商 00510110×=8

 (東)渕田、布施、梅谷―吉田

 (明)中森―名村

▽二塁打 安田、原、坪井、福島(東)宮城、中森(明)

 明石商は三回、福本、宮城の連続適時打などで5点を挙げ、その後もスクイズなどで加点。先発の中森は11奪三振で完投した。東山は5点を追う四回、原の二塁打で1点を返し、五回も2点を追加したが及ばなかった。

奈良大付

  003170001=12

  010120102=7

近江

 (奈)矢野、二宮―山本

 (近)島滝、本間、田中―長谷川

▽本塁打 矢野、野坂、山本(奈)

▽二塁打 泉、吉岡、山本、北島(奈)長谷川、島滝、藤川、土田3、山本(近)

〔京都版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです