メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季近畿地区高校野球大会 奈良大付、近江降す 天理戦は雨天であすに /奈良

【奈良大付-近江】三回表奈良大付2死三塁、吉岡の適時二塁打で同点に追い付く=橿原市の佐藤薬品スタジアムで、小宅洋介撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催)は21日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合があった。

 第1試合は明石商(兵庫)が序盤から優位に試合を進め、8―3で東山(京都)を降した。第2試合は奈良大付(奈良)が五回に打者一巡の猛攻を見せ、12―7で近江(滋賀)を振り切った。

 第3試合で予定されていた報徳学園(兵庫)―天理(奈良)戦は雨天のため延期となり、23日の午後2時から同スタジアムで開かれる。【小宅洋介】

 ▽1回戦

東山  000120000=3

明石商 00510110×=8

 (東)渕田、布施、梅谷―吉田

 (明)中森―名村

▽二塁打 安田、原、坪井、福島(東)宮城、中森(明)

奈良大付

  003170001=12

  010120102=7

近江

 (奈)矢野、二宮―山本

 (近)島滝、本間、田中―長谷川

▽本塁打 矢野、野坂、山本(奈)

▽二塁打 泉、吉岡、山本、北島(奈)長谷川、島滝、藤川、土田3、山本(近)

 奈良大付は三回、3本の二塁打などで3点を挙げ逆転に成功。五回には長短9安打の猛攻で7点を追加し、試合を決めた。近江は二回に先制し、九回にも山本の適時二塁打で2点を挙げるなど粘りを見せたが、巻き返せなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです