メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

四国大会 組み合わせ抽選 川島、新田と初戦 城東は大手前高松 26日から熱戦開幕 /徳島

秋季四国地区高校野球大会組み合わせ

[PR]

 第72回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が21日、徳島市大道1の徳島ワシントンホテルプラザであった。1回戦は各県の2、3位校が対戦し、各県1位校の尽誠学園(香川)、徳島北、済美(愛媛)、高知中央は準々決勝から登場する。【岩本桜】

 抽選会には各校の主将らが参加し、各県1位の主将がくじを引いた後、同じ県の1位校と2位校、2位校と3位校は決勝まで、1位校と3位校は準決勝まで対戦しないような組み合わせに振り分けられた。

 抽選会で徳島北の河野勇真主将(2年)は「地元開催をプラスに受け取り、主将として、投手としてチームを引っ張り勝利に導きたい」と意気込んだ。

 大会は鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場と阿南市桑野町のJAアグリあなんスタジアムで26日に1回戦計4試合を、27日に準々決勝計4試合を予定。日程が順調に進めば、オロナミンC球場で11月2日に準決勝、3日に決勝がある。入場料は大人600円、中高生200円、小学生以下無料。

 大会の戦績は、来年1月にある第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の選考会で、参考資料となる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです