メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

四国大会 組み合わせ抽選 小松、明徳と初戦 新田は川島 /愛媛

秋季四国地区高校野球大会組み合わせ

[PR]

 第72回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が21日、徳島市であった。1回戦は各県の2、3位校が対戦し、各県1位校の尽誠学園(香川)、徳島北、済美、高知中央は準々決勝から登場する。【岩本桜】

 抽選会には各校の主将らが参加し、各県1位の主将がくじを引いた後、同じ県の1位校と2位校、2位校と3位校は決勝まで、1位校と3位校は準決勝まで対戦しないような組み合わせに振り分けられた。

 済美の山田響主将(2年)は「選手が一つになって試合に集中できるのが長所。目の前の試合に勝つことだけを考えて挑む」と意気込んだ。

 大会は徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場と同県阿南市桑野町のJAアグリあなんスタジアムで26日に1回戦4試合、27日に準々決勝4試合を予定。日程が順調に進めば、オロナミンC球場で11月2日に準決勝、3日に決勝がある。入場料は大人600円、中高生200円、小学生以下無料。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです