メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球

創成館4強入り 宮崎日大にサヨナラ勝ち /長崎

【宮崎日大ー創成館】一回裏創成館1死一、二塁、長田雄生選手の適時打で追加点=佐賀市で2019年10月21日午前10時11分、山口響撮影

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は21日、佐賀市の佐賀ブルースタジアムなどで準々決勝4試合があった。県勢の創成館は宮崎日大(宮崎)と対戦し、九回に4番・松永知大選手(1年)のサヨナラ打で勝負を決めた。準決勝は23日に同市のみどりの森県営球場であり、創成館は明豊(大分)と対戦する。【山口響】

 ▽準々決勝

宮崎日大

  000000300=3

  210000001=4

創成館

 (宮)谷本、古谷、岩崎―大山

 (創)白水、藤川―浦辺

▽本塁打 松尾(宮)

▽二塁打 伊藤、岩穴口(宮)浦辺、松永(創)

 創成館は一回、猿渡颯選手(2年)などの適時打でリードを奪い、試合を優位に進めた。同点とされた九回、松永知大選手(1年)がサヨナラ適時打を放ち勝負を決めた。宮崎日大は七回、松尾和思選手(2年)が3点本塁打を放ち、同点に追いついたがあと一歩及ばなかった。

「有言実行」の仲

 ○…創成館は、猿渡颯選手(2年)の好走塁で4強の座を手にした。九回裏1死、安打で出塁し一塁から思わず「頼むぞ」とつぶやいた。続く4番の松永知大選手(1年)とは全体練習が終わった後、共に室内練習をする仲。この回の攻撃前には「なんとか点を取ろう」と声を掛け合った。松永選手が二塁打を放つと全速力で駆け抜け、本塁に滑り込んだ。試合後、「有言実行したな」とハイタッチ。猿渡選手は「長崎の代表として頑張りたい」と次を見据えていた。

〔長崎版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです