メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

北信越 星稜が連覇

[PR]

 (21日)

 北信越は今夏の甲子園で準優勝した星稜(石川)が決勝で日本航空石川に大勝し、2年連続9回目の優勝を果たした。星稜は11月15日から東京・神宮球場で開催される明治神宮大会に出場する。

 関東は2回戦4試合が行われ、今春のセンバツで準優勝した習志野(千葉)に打ち勝った東海大相模(神奈川)、甲子園3季連続出場中の山梨学院と、桐生第一、健大高崎の地元・群馬県勢が26日の準決勝に進んだ。

 九州は今春のセンバツ4強の明豊(大分)、大分商、創成館(長崎)、鹿児島城西が23日の準決勝に進出。近畿は1回戦2試合があり、今夏の甲子園で4強入りした明石商(兵庫)と奈良大付が準々決勝に進出。中止になった1試合は23日に行われる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです