メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12年ぶりV狙う明豊が決勝へ 創成館に競り勝つ 秋の高校野球・九州

【明豊ー創成館】創成館に勝利し喜ぶ明豊の選手たち=みどりの森県営球場で2019年10月23日、矢頭智剛撮影

[PR]

 高校野球の秋季九州大会は23日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝があり、第1試合は、12年ぶりの優勝を狙う明豊(大分)が3―2で創成館(長崎)に競り勝ち、24日の決勝に進んだ。

 第2試合は、ともに初優勝を目指す鹿児島城西と大分商が対戦する。

 明豊・川崎絢平監督 今までと違うロースコアの展開で勝ち切れた。2番手・若杉は2試合連続で死球を受けたが、本人が「行く」と言ったので変えなかった。気持ちの強さをスタンドの控え選手に見せてくれた。(六回に4連打で逆転)甘い球を積極的に振りに行くよう指示していた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです