メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

好調のリードオフマン・中村が九回決勝打 明豊が決勝進出 秋季高校野球九州大会

【明豊ー創成館】創成館に勝利し喜ぶ明豊の選手たち=みどりの森県営球場で2019年10月23日、矢頭智剛撮影

[PR]

高校野球秋季九州大会 ▽準決勝 ○明豊3―2創成館●=23日・みどりの森県営球場

 高校野球の秋季九州大会は23日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝2試合があり、明豊が創成館を3―2で降した。

 今大会好調の明豊・中村洸斗が九回に決勝の左前適時打を放った。前打者の9番・若杉晟汰がスリーバントを決めて2死二塁で打席が回り、「自分で決める」と奮い立った。3ボール1ストライクから変化球を引っ張ると、打球は三遊間を抜き、二塁走者の宮川雄基が快足を飛ばしてホームに滑り込んだ。

 中村は今大会、強打の明豊のリードオフマンとしての役割を存分に発揮している。「逆方向にも強い打球を飛ばせる」のが強みと語る通り、初戦の唐津商(佐賀)戦ではソロ本塁打を含む3安打2打点。7―6の接戦となった準々決勝の沖縄尚学戦でも2安打して3度ホームを踏んだ。バットのヘッドの位置など、自分の打撃フォームを細かくノートに書き込んで見直し、打撃が雑にならないよう意識して好調を維持しているという。

 12年ぶりの秋優勝と、神宮大会の出場権獲得まであと1勝。「自分たちの野球で勝ちたい」という中村の打棒が、チームを新たな歴史に導く。【伝田賢史】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです