メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州高校野球

鹿児島城西、逆転負け センバツには手応えも 佐賀 /熊本

【大分商ー鹿児島城西】五回裏鹿児島城西2死一塁、原田高光選手の左越え二塁打で一塁から古市龍輝選手が生還し3点目=矢頭智剛撮影

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は23日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝2試合があった。鹿児島城西(鹿児島)は一、二回に得点して2点のリードを奪い、投手陣も9回を被安打5に抑えたが大分商(大分)に3―6で逆転負け。決勝進出は逃したが、プロ野球・ダイエーで首位打者に輝くなど活躍した佐々木誠監督(54)の就任2年目で同校初の甲子園となる来春選抜に近づいた。【池田美欧】

 ▽準決勝

大分商

  000400110=6

  110010000=3

鹿児島城西

 (大)川瀬―末田

 (鹿)八方、前野―池山

▽三塁打 渡辺温(大)

▽二塁打 林、乗田、原田(鹿)

 大分商は2点を追う四回、岩崎竜也選手(2年)が安打で出塁。1死一、二塁から三代祥貴選手(1年)の適時打で1点を返したのを皮切りに一挙4点を奪って逆転し、七、八回にも1点ずつ取って突き放した。鹿児島城西は10安打を放ったが及ばなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです