メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季中国地区高校野球 きょう開幕 /山口

選手宣誓をする鳥取城北の吉田主将

[PR]

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は25日、鳥取県米子市のどらドラパーク米子市民球場など2会場で開幕する。岡山、広島、島根、山口各県から3校ずつ、開催地の鳥取県から4校の計16校が出場する。大会の成績は来春のセンバツ出場校を決めるための重要な参考資料になる。

 初日は2球場で1回戦計4試合があり、県勢は南陽工が鳥取城北と対戦する。決勝は11月3日午前10時、どらドラパーク米子市民球場で。優勝校は11月15日に開幕する明治神宮野球大会に出場する。

 24日は鳥取県倉吉市内で開会式があった。鳥取城北の吉田貫汰(かんた)主将(2年)が「各地で災害が起きている中、当たり前のように野球ができる喜びを胸に最後まで全力で戦い抜く」と選手宣誓した。【小坂春乃】

〔山口版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  4. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです