メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明豊、12年ぶり2回目V 大分商は初優勝逃す 高校野球の秋季九州大会

【明豊-大分商】優勝を決め、笑顔で整列する明豊の選手たち=みどりの森県営球場で2019年10月25日、徳野仁子撮影

[PR]

 高校野球の秋季九州地区大会は25日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、明豊が大分商との大分勢対決を13―5で制し、12年ぶり2回目の優勝を果たした。大分商は初優勝を逃した。

 明豊は、11月15日から東京・神宮球場で開かれる明治神宮大会に出場する。

明豊、着実に加点し大勝

 明豊が2本塁打を含む14安打、13得点で大勝した。一回に2点を先取し、4点リードの四回に為藤、布施が2者連続本塁打を放つなど着実に加点した。大分商は9安打しながら終始後手に回り、4失策と守備も乱れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです