メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分商 守備の乱れでリズム失う「大事に行きすぎた」 秋季高校野球九州大会

【明豊-大分商】三回表明豊2死二塁、中尾の中前打で小川が生還(捕手・末田)=みどりの森県営球場で2019年10月25日、徳野仁子撮影

[PR]

秋季高校野球九州大会 ▽決勝 ○明豊13―5大分商●=25日・佐賀みどりの森県営

 高校野球の秋季九州大会は25日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、大分商は明豊との大分勢対決に5―13で敗れ、初優勝を逃した。

 大分商は、今大会初登板の渡辺幹太をバックが支えられなかった。一回に先頭打者の平凡な一ゴロをこの日一塁に入ったエースの川瀬堅斗が失策。これで1年生左腕はリズムを崩し、四球と暴投でピンチを広げ、1死二、三塁から先制の2点適時打を浴びた。三回にも守備の乱れが絡んで3点を失い、序盤で大きくリードを許してしまった。

 準決勝まで3試合連続完投した影響で登板を回避した川瀬は「大事に行きすぎた」と失策の場面を悔やみ、「投げられない時にチームのためにすべきことがあるのに……」とうなだれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです