メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取城北、平田が準々決勝に 秋季高校野球中国大会 2試合雨天順延

[PR]

 高校野球の秋季中国大会は25日、鳥取・どらドラパーク米子市民で開幕して1回戦2試合があり、鳥取城北と平田(島根)が準々決勝に進んだ。鳥取城北は2番手の2年生左腕・阪上陸が好救援し、南陽工(山口)に競り勝った。平田は2年生右腕・古川が被安打4で完封し、尾道商(広島)を降した。矢上(島根)―盈進(広島)、境(鳥取)―倉敷商(岡山)の1回戦2試合は雨天のため26日に順延した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです