メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出雲西、矢上、創志学園、倉敷商が8強 秋季高校野球中国大会

【倉吉東-創志学園】創志学園二回2死二、三塁、中前2点打を放った6番・山岡鳳聖=鳥取・どらドラパーク米子市民で2019年10月26日、新井隆一撮影

[PR]

 高校野球の秋季中国大会第2日は26日、鳥取・どらドラパーク米子市民などで1回戦4試合があり、出雲西と矢上の島根勢、創志学園と倉敷商の岡山勢が準々決勝に進んだ。

 第3日の27日は、おかやま山陽―高川学園(山口)、八頭(鳥取)―広島新庄の1回戦の残り2試合と、鳥取城北―平田(島根)、出雲西―創志学園の準々決勝2試合が行われる。

 出雲西・野中徹博監督 (九回に4点差を追いつかれるも十回にサヨナラ勝ち)八回の攻撃で、もう1点取るんだぞと言って4点目を取ったのが幸いだった。取りに行って取れた得点。ちょっとついたかな。

 創志学園・長沢宏行監督 (コールド勝ちにも)チャンスがあるのに残塁が多かった。(先発の)三方は途中、抑えようとムキになっていた。球は結構良かった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです